現在の場所
ホーム > ニュース > オーディオ > スペック、PWM方式デジタルアンプの最新版「RSA-V1 DT」発売
オーディオ

スペック、PWM方式デジタルアンプの最新版「RSA-V1 DT」発売

デジタルアンプと音響関連機器のスペック(株)は、発売するPWM方式デジタルアンプのベーシックモデルRSA-V1のバージョンアップ版、RSA-V1 DT(DESIGNER TUNED)を、8月1日に発売する。電源部や出力部フィルター、シールド部などをさらに入念に仕上げることで、一層の音質の向上を図ったとしている。価格は、50万4,000円。

RSA-V1 DT
SPEC RSA-V1 DT出力段に、高精度PWM(パルス幅変調)スイッチング動作のパワーMOS FETを採用。高耐圧で時間軸制御に優れたドライバーICと相まって、最大出力50W×2(8Ω)、100W×2(4Ω)の出力を得ているプリメインアンプ。従来の半導体アンプの3倍にも及ぶというパワー段の高効率を生かしながら音質への影響を抑えるため、シンプルでノイズ発生の極小のアナログ電源、コンデンサーインプット型のブリッジ整流による±電源を採用する。
また、整流器には低ノイズのウルトラファースト・ソフトリカバリー・ダイオード、音質的なバランスを考慮した3種類のオーディオ専用電解コンデンサー、不要な漏洩磁束が極小で、瞬間的な大電流に対する応答性も高い大型Rコアトランスなどを採用する。RSA-V1 DTでは、電源部(電源トランス、電源ユニット)に特殊な制振対策を施し、電源部の振動が与える音質への悪影響を排除している。

最終段でPWMの搬送波(約400KHz)を除去し、アナログ出力のみを取り出すのがローパスフィルターは、再度の試聴と検討によりパーツ類を吟味、より押し出し感の強い低域、自然で滑らかな高域の再生を図っている。

また本体内部の高周波による電磁波対策を徹底。電源トランス部、パワーアンプ部、ローパスフィルター部にそれぞれ特殊鋼板製シールドケースを設けていたが、このシールド内部に最上級機RSA-F1でも使用したEMT(電磁波吸収塗料)コーティング処理を施して、電磁波の悪影響を排除している。

このほか、特徴的な木製アンダープレートとインシュレーターやロック機構付きの大型パワースイッチ、通信機用の高品位、高信頼性のセレクターや高精度ボリュームなどは、そのまま継承している。

主な仕様
●最大出力: 50W×2(6Ω)、75W×2(6Ω)、100W×2(4Ω)●周波数特性: 10Hz~30KHz±1dB(6Ω、1W)●高調波歪率: 0.02%(1KHz、80%出力時)●入力感度・利得: 300mVrms、37.3dB (Volume MAX時、6Ω、1KHz、アンバランス入力)●ライン入力端子: バランス入力・1系統、RCAアンバランス入力 ・ 3系統●スピーカー端子: 1系統●電源電圧: AC100V、50Hz/60Hz●消費電力: 無信号時15W、最大出力時 180W (8Ω、100Hz)●外形寸法: 440mm(幅)×120mm(高さ)×414mm(奥行)●質量:14.5Kg

■リンク
スペック・ホームページ   http://www.spec-corp.co.jp

この記事をシェアする!

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード