現在の場所
ホーム > ニュース > オーディオ > アクシス、電流駆動アンプ「B.M.C. AMP CS2」発売
オーディオ

アクシス、電流駆動アンプ「B.M.C. AMP CS2」発売

輸入オーディオ機器のアクシス(株)は、取り扱いのB.M.C.(ドイツ)のステレオアンプAMP CS2を、9月より発売する。独自の駆動技術、制御技術を採り入れた設計で、音質を追求している。価格は、71万4,000円。

AMP CS2
BMC AMP CS22kWの大電力トランスを擁し、200W+200W(8Ω)、360W+360W(4Ω)を持つステレオアンプ。基本構成では、LEF(ロード・エフェクト・フリー)と名づけた、電圧増幅ドライバーと駆動電流段を分離して無帰還とした回路により、スピーカーの負荷変動の影響を受けない動作を確保。またDIMG(ディスクリート・インテリジェント・ゲイン・マネージメント)というゲイン可変機能により、一度絞ったゲインをまた増幅するという、ソース信号に不要な調整を行うことなく、短経路で電圧増幅段に送り込める設計としている。

接続方法と設定、接続機器により、3通りのモードで動作する。まず、RCA、XLRのライン入力に、一般のソース機器を入力してプリメインアンプとして機能。2番目は、プリアンプから入力してパワーアンプとしても使える(ただしCS2のボリュームは最大)。いずれも、DIGMが働き、直接、ハイゲインパワーアンプ部に送り込み、そのゲインを変えることになるので、S/Nや歪率に優れた出力が得られるという。
3番目が、独自のCI(カレントインジェクション 電流)モードの動作。同社のDACやプリアンプなどのソース機器と電流伝送結合して、ソース信号の電流が直接、パワー増幅ステージを駆動するという方式で、ソースからパワーアウトまでが究極的に高純度、短縮化される。

主な仕様
●出力パワー : 2x200W/8Ω、2x360W/4Ω●周波数レスポンス 20Hz ? 20kHz,1W : -0.08dB●周波数帯域幅 1W/-3dB : 2Hz ? 180kHz●S/N (DIGM レベル57、対最大パワー) : 110dB、S/N (DIGM レベル40、対最大パワー) : 125dB、S/N (DIGM レベル40、対1Wパワー) : 103dB●THD+N @1W,1kHz : 0.01%THD+N @50mW ~ 50W,1kHz : 0.02%以下、THD+N 0.1%以下 : 0.3mW ~ 150W●ダンピング・ファクター (8Ω,10W) : 250●入力端子:  2xバランスXLR、3xシングルエンドRCA●入力インピーダンス :バランス100KΩ, シングルエンド50kΩ●XLR-CIモード入力インピーダンス 3KΩ●入力感度 : 1.5V/XLR、750mV/RCA●XLR入力極性:pin1=G , pin2=HOT , pin3=COLD●DIGMゲイン(ボリューム)設定 : 00 ~ 66 (1dBステップ)●スピーカー端子 : L/R 1系統、金メッキバインディングポスト●電源: 100VAC 50/60Hz●消費電力 : 110W ~ 800W●外形寸法 : (突起部含む) : 435W x 150H x 450D (mm)●重量 : 40 kg

■リンク
アクシス・What’s Newページ  http://www.axiss.co.jp/fwhatsnew.html

この記事をシェアする!

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード