現在の場所
ホーム > ニュース > オーディオ > オラソニック、新ブランドのカナル型ヘッドフォン「TH-F4N 」発表
オーディオ

オラソニック、新ブランドのカナル型ヘッドフォン「TH-F4N 」発表

回路基板やソフトウェア設計の(株)東和電子は、独自技術のユニークな設計のカナル型イヤフォンで知られる音茶楽(株)とコラボレーションした「音茶楽×Olasonic TH-F4N」の10月中旬発売を発表した。オープン価格で、市場では4万8,800円前後となる見込み。
Olasonic TH-F4N_2

img4-1

ツインエレメント方式の構造図。

TH-F4Nは、カナル型特有の閉管共振によって生じる、いわゆるキツイ音を補正するツイン・イコライズド・エレメント方式(音茶楽の特許技術)の採用が特徴。カナル型は、外耳道をボディーで塞ぐことで、有害な閉管共振(定在波のようなもの)が発生する。
同方式は、2つのドライバーエレメントを対向で配置し、エレメント間は位相補正パイプで結合し、パイプの長さを外耳道の長さに合わせて不要なピークを抑え、付帯音のない澄んだ音質を実現させるという。

また同方式は、φ10mmドライバー2基を使うことで、Φ13.5mm相当の大口径エレメントと同等の振動板面積を確保できるので、重低音域まで余裕をもって再現するとしている。
さらにエレメントは背面対向させて配置するので、不要振動を打ち消しあい、重厚な低音とクリアで繊細な高音が得られるとしている。

img1-4

カナル型特有の6kHz前後のピークを抑える効果(点線部)をもつ。

センターキャビネットにはM2052制振合金粉体塗料により防振処理、位相補正チューブにも防振塗装を施して防振処理を徹底している。

このほか、ネオジムマグネットと電磁純鉄を採用したプレート/ヨークをもつハイパワー磁気回路、忠実な応答のタンジェンシャルエッジレス振動板、磁気歪みを低減するプレートとヨークの銅メッキ処理など、すみずみまで、高音質設計となっている。

主な仕様
●エレメント:φ10mmダイナミック型×2(片ch当たり)●音響方式:ツイン・イコライズド・エレメント方式●出力音圧レベル:104dBSPL/mW●周波数特性:3.5~35kHz●最大入力:400mW●インピーダンス:18Ω●質量:約18g●プラグ付きコード:1.2m(Y型)φ3.5mm 金メッキステレオミニプラグ

■リンク
オラソニック・ブランド・ホームページ  http://www.olasonic.jp/

この記事をシェアする!

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード