現在の場所
ホーム > ニュース > PCオーディオ > サヤ、192kHz/24bit対応USB DAC/ヘッドフォンアンプ「DSA192UT」発売
PCオーディオ

サヤ、192kHz/24bit対応USB DAC/ヘッドフォンアンプ「DSA192UT」発売

機構設計やコンピューターシステム、デバイス開発とPCオーディオ機器のサヤは、UCB DAC/ヘッドフォンアンプ「ピュアスピードDSA-192UT」を発売した。先のDSA-192Uの改良・後継モデルとなり、デジタル回路の見直し、変更を受け、アップデートされている。主な改良点は、① 左右独立パラレルD/Aコンバーターの採用 ② 光デジタル入力の追加(192KHz24Bit対応) ③ 電源部の絶縁とシールド ④ 定数の見直しによる性能向上 ⑤ 入力切替SW、FSイルミネーターの装備など。価格は、6万3,000円。

DSA192UT

PURE SPEED DSA192UT
前身となるDSA192Uは、アナログアンプ回路に、広帯域NFBを十分に掛けられ低歪み・低雑音が得られる全段電流帰還、雑音排除に優れ高速スルーレートとなる上下対称コンプリメンタリープッシュプルという、単体アンプ並みのアナログ回路をひとつの特徴としていた。DSA192UTでは、これを継承しつつデジタル回路を大きく変更、DACはスペック値よりもダイナミックな特性を重視、最も実効性能が高いとしてアナログデバイセズAD1955チップを左右1個づつ採用。パラレルで差動させるバランス回路を構築している。

PURESPEED DSA192UT insideUSBは最新の3.0入力も備え、192kHz/24bitに対応しアシンクロナス転送を採用。さらに重要となるクロック生成には、44.1kHz系と48kHz系でクロックジェネレーターを独立して装備するという入念な設計としている。また、新たに光デジタル入力を装備し、PCオーディオだけでなく、ゲームや楽器製作などにも幅広く対応するようになった。
ヘッドフォンアンプ系もアナログ回路に負けない高品位設計で、DCサーボとして歪みの要因となるカプリングコンデンサーを排除。JFETオペアンプによるDCサーボにより、安定した再生を図っている。

電源部の入念な設計もポイントとなり、内部のDC/DCコンバーターで電源を再生成することで、ACアダプターの影響を隔絶した高品位電源で動作。またDDコンバーターは入念なシールド、絶縁で、クリーン化を徹底し、もちろんデジタル系、アナログ系、スイッチング電源系で、グラウンドから完全に分離している。
内部回路は、4レイヤー両面実装基板を採用するとともに、ワイヤー配線をなくし、輻射ノイズの影響を抑えるほか、抵抗やコンデンサー、リレーなどのパーツ類も、高品位品を投入している。
主な仕様
●デジタル入力:USB2.0/3.0、TOS光●アナログ出力:ライン1系統(RCA)、ヘッドフォン(φ6.3mmフォーン)1系統●対応サンプリング周波数:44.1k/48kHz/88.2kHz/96kHz/192kHz・16/24bit●消費電力:112.5W×32.5H×120Dmm・435g

■リンク
ピュアスピード・ブランドホームページ  http://saya-audio.com/

この記事をシェアする!

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード