現在の場所
ホーム > ニュース > PCオーディオ > オンキヨー、ネットワークDSD再生、デジタルクロスオーバー機能搭載のフラッグシップAVアンプ発売
PCオーディオ

オンキヨー、ネットワークDSD再生、デジタルクロスオーバー機能搭載のフラッグシップAVアンプ発売

PC、オーディオ機器のオンキヨーは、オーディオ、ビジュアルともに最新機能を満載したAVアンプ最上位モデル「NR-5010」「NR-1010」を、7月中旬に発売する。ネットワーク機能やデジタルクロスオーバーネットワーク機能、高級オーディオ機器なみの高音質化設計が特徴。価格は、TX-NR5010が36万7,500円、TX-NR1010が24万1,500円。

ONKYO TX-NR5010/TX-NR1010

TX-NR5010(右)とTX-NR1010(左)。

最新のサラウンドフォーマットDTS Neo:Xに対応、ホームシアター規格THX Ultra2 Plusに準拠した200W×9ch(TX-NR1010は、180W×7ch)のAVレシーバー。
最新モデルらしくネットワークオーディオ機能を備えるが、その充実ぶりが著しく、DSDやApple Loslessのネットワーク再生、ドルビーTrue HDのサラウンド音楽配信の再生、またWAV FLAC192kHz/24bitファイル再生など、単体ネットワークオーディオプレーヤーを凌ぐ能力を備えている。さらに、デジタルプロセッシング・クロスオーバーネットワーク機能は、各パワーアンプにスピーカーユニットの受け持ち帯域に応じてLPF、HPFを設定して出力・駆動させる、高度なマルチアンプシステムも組める。

デジタル回路では、バーブラウン32(NR1010は24)bit/192kHzDACデバイスを7基搭載し、ステレオ2chを含む5.1ch以下の駆動では、フロントchは2基のDACによるディファレンシャル動作としている。一方、アナログ系では高度な技術を要する3段インバーテッドダーリントン・パワーアンプや独自の低ノイズ化技術VLSC、磁束漏洩の少ない電源トランス(NR5010のみ)などを搭載。プリアンプ部、パワーアンプ部各ブロックを完全に分けたケース内コンポーネント構造、天板と側板を別にした高剛性筐体などで、高音質設計を徹底している。

このほか、インターネットラジオ再生やマルチルーム再生に対応するZONE機能、4K対応のビデオアップコンバージョンなど、ホームエンターテイメントの核としての資質を豊富に与えられている。

ONKYO TX-NR5010/NR1010 rearpnel

リアパネル。ともに豊富な入出力を装備する。

■リンク
オンキヨー・ホームページ   http://www.jp.onkyo.com/

この記事をシェアする!

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード