現在の場所
ホーム > ニュース > PCオーディオ > オラソニック、超小型単品コンポ「NANOCOMPO」発表
PCオーディオ

オラソニック、超小型単品コンポ「NANOCOMPO」発表

Olasonic NAnoCOMPO

第一弾として来春登場予定のDAC内蔵アンプNANO-UA1。

回路基板やソフトウエア設計の(株)東和電子は、自社オーディオ・ブランドのオラソニックにて、DAC内蔵ステレオアンプ、ステレオ/モノパワーアンプ、CDトランスポート、DAC、USBプロセッサーなどの単品コンポ群を、2013年3月より順次発売すると発表した。各コンポは、共通の149W×149D×33Hmmサイズ・ダイキャストシャーシーをもち、「NANOCOMPO」(ナノコンポ)のシリーズ名が与えられる。価格はモデルによって異なり、5~10万円となる予定。

NANOCOMPOシリーズは、可能な限り小さくて美しいボディーと大型モデルにも負けない音質を備え、PCとも親和性の高い、現代のニーズに応えるコンポというコンセプトで開発。音質にこだわり、上記サイズの小型シャーシによるアルミダイキャストの高剛性設計などを共通の特徴とする。

第一弾として登場予定のNANO-UA1は、USBを含む3系統のデジタル入力、ステレオミニのアナログ入力をもつDAC内蔵プリメインアンプ。USB入力は使いやすい96kHz/24bit対応、DACチップにはバーブラウンドのRate Converterを採用し、USBは非同期で動作する。なお全デジタル入力は、内部クロックで制御するジッターフリー設計をうたう。アンプ部は、同社の卵型スピーカーで定評を得ているSCDS(Super Charged Drive System)と呼ぶ、小出力時は余った電気を蓄えておき、大出力時にその蓄えた電気も放出する回路を搭載。26W+26W(4Ω)の出力を得ている。

このほか、SCDS回路のキャパシティーを上げて大出力化(ステレオ:40W+40W、モノ:80W)したパワーアンプNANO-A1、新開発のオーディオ専用スロットインメカを搭載し、スロットイン据置型で世界最小サイズのCDトランスポートNANO-CD1、192kHz/24bit対応で非同期動作のDACのNANO-D1、光デジタルとアナログの入力信号をUSBオーディオ出力に変換するUSBオーディオプロセッサーNANO-U1など、興味深いモデルが登場の予定となっている。

■リンク
オラソニック・ブランド・ホームページ  http://www.olasonic.jp/

この記事をシェアする!

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード