現在の場所
ホーム > ニュース > PCオーディオ > JAVSがDDCの上位モデル「X-DDC-Reserve」発売  電源やクロック系を強化
PCオーディオ

JAVSがDDCの上位モデル「X-DDC-Reserve」発売  電源やクロック系を強化

PCオーディオ機器のzionote(ジオノート)は、JAVSブランドのDDC(デジタル・トゥ・デジタル・コンバーター)、X-DDC-Reserveを9月5日(金)に発売する。Reserveはレゼルヴと読む。ワインのそれのように、より手を掛けた作りを意味し、従来モデルX-DDCをベースにさまざまな強化を行ったモデルとなる。オンライン直販ショップ限定の販売で、価格は32,800円。
X-DDC-Reserve
X-DDC-Reserve inside X-DDC-Reserveは、たとえばUSBに入力されたPCからの音楽ファイル(デジタル信号)を、SPDIFのオーディオデジタル信号に変換して出力するDDコンバーター。入力(USB、同軸/光丸型コンボ)は192kHz/24bitに対応、RCA同軸、TOS光、XLR(AES/EBU)で出力でき、また出力はすべての端子から常時出力となるので、分配も可能。複数のDACを使うこともできる。

マスタークロックには±1ppmの高精度TCXO(温度補償型水晶発振器)を投入し、連続使用による発熱や設置環境の温度変化による精度の低下を抑えている。入力されたデジタル信号は、このマスタークロックとリクロック回路によりクロックを正しく刻み直すことで、ソース側のジッターの影響を排除したより低ジッターの信号として送出するよになっている。アップサンプリング切り替えで、OFF、×2、×4の3パターンで出力することも可能。また、同軸から同軸、光から光でも有効なので、ジッター低減を図ったリクロックとしても活用できる。

このほか、安定した供給を行うリニア低電圧回路を強化して、先のX3-HDSD-DACと同じアルミ製シャーシ/大型インシュレーターも採用。パーツ類についても、誤差1%の高精度部品やオーディオ用コンデンサー、24金メッキ基板、ノイトリック社製XLR端子などを投入している。

X-DDC-Reserve rear

主な仕様
●デジタル入力:PCM 24Bit192kHz・USB2.0 (非同期転送、USB Audio Class 2.0、ビットパーフェクト)、SPDIF (同軸&丸形光コンボ端子)●デジタル出力:常時全出力:同軸、角形光、AES/EBU●リクロック回路:USB、SPDIFともに、OFF、2倍、4倍のリクロック出力可能●LEDインジケーター     44.1(Red)、48(Green)、88.2・96・172.4・ 192 (Blue)※再生環境によって信号認識できず機能しない場合があります●サイズ:W137 x H36x D153(mm)●重量:約600g

■リンク
JAVSブランド・製品紹介ページ  http://www.zionote.com/2012/javs/xddcreserve/

-

この記事をシェアする!

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード