現在の場所
ホーム > ニュース > PCオーディオ > ケンブリッジオーディオがDAC内蔵プリメインとCDトランスポート発売
PCオーディオ

ケンブリッジオーディオがDAC内蔵プリメインとCDトランスポート発売

 輸入オーディオ機器のナスペックは、英国ケンブリッジオーディオ(Cambridge Audio)のDAC内蔵プリメインアンプ「CXA60」(市場価格120,000円前後)「CXA80」(160,000円前後)とCDトランスポート「CXC」(80,000円前後)を、11月1日(日)に発売する。CXA60/80は、192kHz/24bit対応のDACを内蔵。独自の高音質設計を随所に施している。CXCはCXA60/80とデジタル接続して、シンプルかつ高品位な再生が図れる。

CXA60/CXA80

CXA60(シルバー)

CXA60(シルバー)

 回路での特徴は、出力段のバイアス変動、熱変動をリアルタイムで検出して行う、その補償を行うバイアス管理の回路を行うとともに、保護回路も入念な設計としてつねに安定したハイパワー動作の実現を図る。両面実装基板にして信号経路を大幅に短縮するとともに、部品点数も大きく削減している。また、電源部は大型トロイダルトランスを採用。左右対称のレイアウトデザインに加えて、CXA80では電源を巻き線から左右独立として干渉を抑えたセパレーションの良好な再生を図る。

CXA80(ブラック)

CXA80(ブラック)

CXA80内部

CXA80内部

 DACチップにWokfsonWM8740を使ったDACを内蔵し、CXA60は同軸、光のデジタル入力、CXA80ではさらにUSB-Bを備え、PCをダイレクトに接続してファイル音源の再生もできる。いずれも192kHz/24bitハイレゾ音源に対応している。ユニークなのは、オプションの専用BluetoothレシーバーBT100がつなげられる入力端子端子を用意し、スマートフォンやタブレットの音楽をワイヤレスで受信して本機を通して再生できる。

 アナログ入力はRCAアンバランス4系統で、CXA80はXLRバランス入力も装備。出力はCXA60が60W+60W(8Ω)、CXA80が80W+80W(8Ω)、消費電力は600W(CXA60)と750W(CXA80)でサイズは幅430×高さ115×奥行341mmで共通、重量は8.3kg(CXA60)と8.7kg(CXA80)。

CXC

CXC(シルバー)

CXC(シルバー)

 光ディスクの汎用メカニズムをそのま使うのではなく、CD再生に特化した専用設計のサーボを自社開発して組み込んだCDトランスポート。高精度な信号の読み取りとジッターの低減を図っている。両面実装基板を採用し信号経路の短縮に取り組むのは、プリメインアンプCXA60/80と同じ。電源トランスもオーディオグレーのトロイダルコアとしている。デジタル出力は、RCA同軸とTOS光の2系統を装備、消費電力25W、サイズ・重量は幅430×高さ85×奥行315mm・4.7kg。

 

関連リンク

ナスペック http://naspecaudio.com/

この記事をシェアする!

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード