現在の場所
ホーム > ニュース > ピックアップ > もっと楽しくなる情報が充実、『PCオーディオfan No.6』発売開始
ピックアップ

もっと楽しくなる情報が充実、『PCオーディオfan No.6』発売開始

PCオーディオfan 6_coverますますファンの支持を拡大するPCオーディオ。その広い楽しみ、深い楽しみを提案する『PCオーディオfan No.6』が、4月28日(土)、発売になりました。表紙を飾る注目アイテムは、プロ機グレードとしてマニアに定評あるUSB/Firewireオーディオインターフェースの最新モデル、RME Fireface UCX。何とiPadと簡単につなげるというトピックを携えての登場。もちろん、その情報は本文記事でもじっくりとお伝えしています。

今回の巻頭特集は「これでいいのだPCオーディオシステム」。ともすると、単体機器に目が行きがちなPCオーディオを、スピーカーやアンプとともに考えてみようという企画。6人の筆者が、システムまるごとをずばり提案。さまざまなスタイルを披露しています。

見逃せない企画が「ネットワークオーディオの現在が知りたい」。PART1では、PCオーディオの重要な一角を占める存在であるネットワークプレーヤーについて、登場以後も続くさまざまな各社の進化を通した魅力を探ります。そして、PART2では姉妹誌「AUDIO BASIC」の連載で人気の“オーディオ小僧”が登場、ネットワークオーディオに初挑戦しています。親しみやすくて分かりやすい、楽しい文章は、まさにオーディオ小僧の独壇場。ちょっと使ってみようかな思われることうけあいです。さらにPART3では、ネットワークプレーヤーの実践的な使いこなしを紹介。さらによい音で聴くためのヒントが見つけられるでしょう。

これからPCオーディオを始めたいと思っている方はもちろん、ベテランの方にもぜひ読んでいただきたい記事が「いまさら聞けないPCオーディオ30のギモン」。実際にあったファンの方からの質問、疑問にお応えするという内容ですが、意外と誤って理解していたことや先入観で判断していたことに気づかされるのではないでしょうか。

ハイレゾ音源についての情報も充実しています。USBメモリーで提供される注目ハイレゾ音源、クイーンのUSBメモリー音源、N響の名演の配信などを紹介。また、話題のDSDファイルについては、最新のDSD対応DACの紹介やPCオーディオとは切り離せないDSD USB伝送方式の今後など、“深い”情報も見逃せないところです。

もちろん今回も、ハイレゾ音源を収録した「データDVD ROM」が特別付録。内容は、無指向性ペアマイク録音の魅力を追求、独自の世界を築くワオンレコードのクラシックのハイレゾ音源サンプラーで、192kHzまたは96kHz/24bit・PCMとDSD(DSDIFF)の2方式で収めています。

“コンピューターの音楽ファイルを、いい音で楽しみたい人のためのガイドブック”として、実用的な情報満載の『PCオーディオfan No.6』。ぜひ、ご覧になってください。

●A4型判●192ページ●定価:1,500円

【訂正とお詫び】
上記、弊社刊『PCオーディオfan No.6』におきまして、以下の誤りがありました。筆者ならびに読者の皆様、関係者に深くお詫びして訂正いたします。
75ページ、「フェーズメーションHD-7A 192」の筆者のお名前が間違っていました。正しくは「文:角田郁雄」となります。

この記事をシェアする!

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード