現在の場所
ホーム > ニュース > ピックアップ > クリプトンが電源系の音響アクセサリー・ラインアップを強化
ピックアップ

クリプトンが電源系の音響アクセサリー・ラインアップを強化

スピーカーを中心としたオーディオ機器、IT関連のクリプトンは、同社の音響アクセサリー「HRシリーズ」の電源ケーブルや電源ボックス、電源ボックス、電源コンセントプレートを、2月下旬より順次発売する。HRシリーズは、ハイレゾ音源をより高品位に再生するべくラインアップされた音響アクセサリー群で、HRもHigh Resolutionの頭文字に由来するが、今回の強化は、オーディオの根本となる電源ラインの見直しから生まれたものとしている。

PC-HR1000M-Triplec

電源ケーブル「PC-HR1000M/HR-500M-Triple C」は、オーディオケーブルの新素材として注目のPC-TripleCを採用した電源ケーブルで、従来より発売のPCOCC-A導体からの切り替えとなる製品。静電気を帯びにくく導体の微振動を吸収する天然素材の絹糸の介在、制振剤の入った耐燃性ポリオレフィンの被覆、3芯撚り合わせの導体などの構造は継承している。PC-HR1000M-Triple Cは口径5sqでプラグ・コネクター付、2m長で68,000円、切り売りタイプ(製品名は各末尾がC/m)もあり1mあたり12,000円。同HR500Mは3.5sq、プラグ・コネクター付2mが48,000円が48,000円、切り売りタイプが1m9,000円(表記の価格は税抜。以下も同様)。なお、切り売りタイプは、同社オンライン直販ショップにて、カスタムオーダーの長さでプラグ・コネクターを取り付けた形でのオーダーも受け付けている。

PB-HR500

電源ボックス「PB-HR500」は、先に発売の上位モデルPB-HR1000(150,000円)、HR700(95,000円)の設計手法を導入しながら低価格化を図ったモデルで、69,800.円のプライスタグをつけている。コアとなるのがHR1000でも使われたネオフェード・カーボンマトリックス3層材の採用。これは振動吸収効果の高いネオフェード(機能性ポリエステル)をCFRP(カーボン繊維強化プラスティック)で挟んだ3層構造の制振素材で、コンセント取付け部の適所に配置して、振動による影響の排除を図る。このほか、非磁性ステンレスシャーシや大電流機器用と省電力機器用にコンセントを分けた電源フィルター付2回路構成などは、HR1000/700と同様。ちなみに低価格化は、制振素材の使用量を減らし、コンセントを一般グレードとしたことなどにより、実現しているという。

CP-HR10

HRシリーズ初となるコンセントプレート「CP-HR10」(19,000円)は、プレート部にネオフェード・カーボンマトリックス3層材を採用しているのがポイント。壁面コンセントにネジ1本で取り付けて、コンセント周辺で発生する振動を吸収するとともに、マトリックスしたカーボンが電磁波、電流歪などに対する遮蔽効果をもつとしている。フレームはステンレス。

■リンク
クリプトン・webサイト・トップページ  http://www.kripton.co.jp/

この記事をシェアする!

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード