現在の場所
ホーム > 連載 > 厳選! ハイレゾ10本勝負 > 【2015年5月】~毎月更新~厳選!ハイレゾ10本勝負 ◎文・麻倉怜士 
厳選! ハイレゾ10本勝負

【2015年5月】~毎月更新~厳選!ハイレゾ10本勝負 ◎文・麻倉怜士  page 1/7

特薦①
ザ・ピーナッツ ハイレゾ・コレクション シングルス2
a-01-ザ・ピーナッツ

キングレコード

e-onkyo music(WAV/FLAC 96kHz/24bit 3,240円 DSF 5.6MHz/1bit 3,500円)
VICTOR STUDIO HD-Music.(WAV/FLAC 96kHz/24bit 3,240円  DSF 5.6MHz/1bit 3,500円


 2004年11月にアルバムリリースした『ザ・ピーナッツ・メモリーズBOX』DISC2に収録された26曲をアナログマスターテープからDSDでマスタリングしている。「スク・スク」「ヘロー・メリー・ルー」「コーヒー・ルンバ」「シンデレラ」……などの翻訳ものが懐かしい。
 ハイレゾのザ・ピーナッツは、本欄でも以前に採り上げたが、ユニゾン、そしてハーモニーの美しさが圧倒的だ。双子ならではの“同質性、”つまり同種の声質の二人が同時に歌う声の質感の微妙な違いをハイレゾだから感じることができる。ユニゾンで歌っても、やはり二人の声色にはほんのわずかな違いが出る。このちょっとだけという部分、9割同じだけど1割だけ違うというのが、DSD5.6MHzでよく分かるのである。
 そうしたニュアンスに加えて、弱音のやさしさと強音の張り感の対照も愉しい。テクスチャーは鮮烈で新鮮、それでいてナチュラルなのである。まさにアナログの精雅。ワイドレンジで天井が高く、声とバックのオーケストラの対比感もいい。

 なお、この音源については、アスキーネット(ASCII.jp)でキングレコードのリマスタリング現場を取材、リポートしているので参照して欲しいが、当時録音したTelefunkenやSTUDER製のデッキでアナログマスターテープを再生し、リマスタリング(イコライジング)し、その場でDSD5.6MHz化していた。
 かつてのアナログアーカイブものはフラットトランスファーするか、イコライジングをかけるかという2種類の選択があるが、この作品の場合、当時の歌声、そして作品に込められた芸術性を現代に甦らせるためには、イコライジングが必要だと考えているという。それもアナログ領域で掛ける。イコライザーはAVALONDESIGN AD2077、コンブレッションはNeve33609を使用、録音はMERGING TechnologiesのA/Dコンバーター+Pyramix。

 完成したDSDのマスターとSTUDER A820で再生したオリジナルの2トラック/38センチのアナログマスターを比較する機会があったが、オリジナルのよさを保ちつつ、さらに現代的な風味が加わったのが印象的であった。ヴォーカルはよりブライトになり、音の力感がくっきりしていた。とはいえデジタルっぽさ(つまり強調感や冷たさ)はなく、明晰化しても、アナログ的なヒューマンな響きを維持していた。
(次ページへ続く)

 

-

 

 

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード