現在の場所
ホーム > 連載 > 厳選! ハイレゾ10本勝負 > 【2015年10月】~毎月更新~厳選!ハイレゾ10本勝負  ◎文・麻倉怜士
厳選! ハイレゾ10本勝負

【2015年10月】~毎月更新~厳選!ハイレゾ10本勝負  ◎文・麻倉怜士 page 1/7

特薦①

Verdi: Aida
no1Antonio Pappano, Coro dell’Accademia Nazionale di Santa Cecilia, Orchestra dell’ Accademia Nazionale di Santa Cecilia

Warner Classics

e-onkyo music(FLAC 96kHz/24bit・3,947円)
mora(FLAC 96kHz/24bit・3,947円)
VICTOR STUDIO HD-Music.(FLAC 96kHz/24bit・3,948円)


 最近の大手レーベルではめずらしい大規模なセッション録音だ。しかもオペラ、それも大がかりなグランドオペラである。2015年2月、 ローマはサンタ・チェチーリア国立アカデミーの Auditorium で収録。

  録音の素晴らしさは特筆ものだ。最上のコンディションにてひじょうに丁寧に録音されたことがわかるワイドレンジで、伸びがクリヤーで高解像度なサウンド だ。オーケストラも合唱もテンション感が高く、細部まで見渡しがよい。弦のふくよかさ、金管のフォーカス感など、この大オペラを音で楽しむ記号性に溢れて いる。劇場でのライブ収録では、ここまでの高解像度は得られないだろう。合唱とオーケストラのffが重なるグラントゥッティでも、混濁することなく、クリ ヤーさをしっかりと保っている。

  第二幕第二場の凱旋行進曲のアイーダトランペットは、まず左奥からしずしずと現れ、次に右側から、やや強めに奏される。右トランペットが単音を持続させ、 左側がメロディを吹くというステレオ音場が、実に鮮明だ。スタジオ録音のクリヤーさと、ソノリティの豊かさが共存している。独唱も、音場に定位を確実に持ちながら、豊潤な調べを聴かせている。

 

 

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード