現在の場所
ホーム > レビュー > PCオーディオ関連機器 > 【編集部インプレ】ラトック REX-UHPB1
PCオーディオ関連機器

【編集部インプレ】ラトック REX-UHPB1 page 1/2

PCのUSB端子につないで即再生できるミュージックシステムだ

RATOC_REX-UHPB1USB対応アンプ内蔵ヘッドフォン
ラトック REX-UHPB1
オープン価格
(6月下旬発売。直販ショップ予約価格9,980円)

プロフィール
48kHz/16it対応のUSB DAC、およびアンプ回路を内蔵。USBのデジタル音楽信号をダイレクトに変換してアンプに送りこみ、PCとUSB接続して最も簡単にPCオーディオが楽しめるヘッドフォンシステム。ヘッドフォンはφ53mm大口径ドライバーを搭載した密閉型で、内蔵アンプと相まって低音の迫力ある再生を可能にしている。アンプ回路は、L、R各1基のTI製TPA6111をBTL動作させる左右独立モノーラル構成のバランス駆動回路を構築。さらに出力段はコンデンサーを排したOCL回路として、その音質への影響を排除している。駆動は外部電源を必要としないバスパワーで、標準ドライバーも自動的にインストールされ、つなぐだけ高品位なPCサウンドが楽しめる。

手軽にUSBのよい音が楽しめる便利なヘッドフォン
机に向かって作業中でもヘッドフォンでPCの音楽を聴いている、聴きたいという人は、けっこういると思う。でもPCのヘッドフォン出力は、言うなれば便宜的なもの。それほど音がいいとは思えない。音楽好きなのだから、きちんとよい音で聴きたいわけだ。そのためには、小型USB DAC/ヘッドフォンアンプを使うことになるが、もっと手軽にきちんとUSB DACを通したPCの音楽が楽しめるアイテムがある。それがラトック REX-UHPB1だ。

RATOC_HP_sizeUSB DACでおなじみのラトック社の創立30周年記念モデルとして限定発売される REX-UHPB1は、密閉型のヘッドフォンと、USB DAC、ヘッドフォンアンプを一体にしてしまったシステム。ありそうでなかったこのアイテム、編集部で実機に触れる機会があったので、その印象をお伝えしよう。
まずは外観からチェック。手に持つと強化樹脂の大型ボディは見た目なりの重量感はあるが、むやみにずしりとしていない。実は本機、同社で発売してきたワイヤレスヘッドフォンの筐体を充電式電池があったスペースにヘッドフォンアンプ回路、USB回路を組み込んでいるという。

 

その点では、ある種、作り込みもされているのだろう。装着してみると、感触のよいレザーで覆われたパッドが耳をすっぽりと覆い、耳へのあたりも強くないので、密閉型に特有の圧迫感は少ない。頭部に直接あたるパッドも備えた2本のワイヤーによるヘッドバンドのせいか、サイズよりも軽く感じる。
また、ケーブル部を手でこすったりいじったりすると、さすがに無音とはいかないが、かなり抑えられていると感じる。アウトドアでの使用はほとんど考えられないので、ケーブルノイズについて気にならないレベル。長時間のリスニングでも疲れは少ないだろう。

RATOC_HP_earpad

ソフトなイヤパッドが耳を覆う。ヘッドバンドのサポートも適切だ。

 

RATOC_usb-cable

ケーブル先端にはUSBプラグが付く。

 

 

 

 

 

 

 

 

(次ページへ続く)

 

 

この記事をシェアする!

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード