現在の場所
ホーム > 特集 > DS-200サウンドレポート > 小型USB DACの正統な進化形~Soundfort DS-200を徹底チェック
DS200-606x90-ban

小型USB DACの正統な進化形~Soundfort DS-200を徹底チェック page 1/4

 一般誌やテレビCMでも、結構、見掛けることが多い“ハイレゾ”ということば。すっかり市民権を得たように思える。しかし、いざ自分でも楽しんでみようと思っても、USB DACが結構な値段がしたりして、実際にはなかなか気軽にいい音を、というわけにもいかないようだ。そんななかでネットを中心にファイル再生を楽しんでいるファンの間で注目を集めているUSB DACが、新モデルのSoundfort DS-200だ。
DSC_0687
 Soundfortというブランド。真っ赤な大型トランスケースとがっちりとしたブラックボディが印象的なDAC内蔵真空管アンプ、Q9の特集記事(「心地いい音でスマートにデスクトップオーディオ」)で、覚えておられる方もいるだろう。そこで紹介したQ9は、一見、中国製の安価なモデルと思いきや、「聞き流す音楽から、聴き惚れる音楽へ」をコンセプトにした、日本人技術者がこだわったもの作りに徹する、というデザインフィロソフィーで、なるほどと思わせる音と品質感、そしてリーズナブルプライスを得ていた。

 そのSoundfortが、世の中のハイレゾ普及の動きが加速するなか、満を持して発売したのがUSB DACのDS-200。同ブランドには、DS-100+という入門モデルがあるが、その上位機となるのがDS-200ということになる。そもそもDS-100+は、「このクラスとしては音がいい」「品位感がある」ハイCPのUSB DAC入門機 として話題となっていた。では、そこからさらにグレードアップしたDS-200はどうなのか。編集部は、その進化に注目した。

 

 

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード