現在の場所
ホーム > 特集 > WEB版 ストレージ研究 > 【WEB版 ストレージ研究】第2回 音源用ストレージとPCシステム用ストレージについて
HDD-web_banner_609×90

【WEB版 ストレージ研究】第2回 音源用ストレージとPCシステム用ストレージについて page 1/3

音源用ストレージとPCシステム用ストレージ、ノートPCとデスクトップPC、
3.5inchと2.5inchHDD、SSD

以前は「パソコンは皆同じ音がする」などと、おっしゃるオーディオファンやオーディオショップの方もいたものだ。筆者は、これまで同一ハード環境でOS毎の音の違いを確認し、かつ各地に持ち運んで実際に聴いてもらえるようにと、MacBook ProというノートPCをMac OS X、Windows7、Ubuntu Studio/Linuxの3つのOSのトリプルブートに仕立て、比較しながら鳴らしてきた。時の流れもあってか、最近はOSや再生ソフトでかなり音質に違いがあることがようやく認識されてきたように思う。
一方で、最近のバージョンではこれらのOSを1つのストレージにパーティションで分けて同居させるには問題が多くなり、またそれぞれの可能性を追求するには専用環境が必要になってきたこともあって、個別OS対応のデスクトップPCを数台組んで試している。

そこで実感できたのは、ノートPCがいかに省エネ的発想で作られており、基本構造や動作もデスクトップPCと違うかということだ。ご存じの通りノートPCではサイズの関係で2.5インチHDDしか使えない。実はこの2.5インチHDDには省エネ的動作がはじめから色濃く組み込まれており、これは「音楽信号以外には一切動いてくれるな」というオーディオ的要件から見ると問題も少なくない。

まだ環境も途上でもあり、マザーボードとCPUなどの組み合わせは無限で全数試聴など不可能なので、どうしても個人的感想の域ではあるけれども、現時点でのストレージ全般について報告しておくことが、トータルではご参考になるだろうという考え方で第2回として以下に進めていくことにしよう。

(1)HDD、SSDの現状

先般のWD(ウェスタンデジタル)による日立GST買収は、日立GSTが持つサーバー用の高級機種を得ることが一番の目的だったと聞くが、実は業務用の世界ではHDDが圧倒的に主流である。SSDは総じてPCではパーソナルユースで用いられている。
サーバー用などの高級HDDは寿命や性能、特に長期的なスペックなどの点で一線を画するらしいが、中には軍事用で1個50万円くらいするものもあると聞く。いくら何でもそれを使おうというのは無理だが、サーバー用HDDについては今後手に入る範囲でオーディオ用としての音質を試してみたいと考えている。

(2)音源用ストレージとPCシステム用ストレージの違い

①音源用として使う場合は、音楽ファイルを順番に記録していき、読み出しもさほど高速である必要はない。むしろ安定した出力が重視される。

②その場合音楽再生で重要なのは
●「音楽信号以外は一切動いて欲しくない」というオーディオ的要件だ。
よって環境的にバックグラウンドでの余計な動作を排除・停止することや、電源などの安定性確保、振動対策が重要になる。例えば2.5/3.5インチHDDの場合は、アクチュエーターという仕組みが電磁石の中でヘッドを動かしてデータにアクセスするわけだが、この時のサーボ電流などによって電源が揺さぶられてはならない。もちろんファンなども含め振動の影響も避けなければならない。

③また音楽データは再生時には「オーディオストリーム」として取り扱われ、DACでのD/A変換に合わせてPC内部ではアイソクロナス処理、つまり等しい時間刻み(サンプリングレート)に従って等時処理されるので、音源ストレージ側としては専用に確保されたバス帯域を使って基本的に粛々としてデータを送り出す他はない(注)。
(注)後述4(1)に述べたように、各メーカーのHDD製品の動作は、時代により機種によりファームウェアにより相当の違いがあるので、動作当初段階とかOS/ソフトとのやりとりとか実際には違いがありうるが、それは個別に追いかけるほかはない。前回コメントにもご質問があったが、「基本として」オーディオストリーム再生のHDD動作は上記のような流れと考えて良いだろう。

【図2 HDDの内部】

(次ページへ続く)

 

  • 123456

    キチガイの領域や

  • prest

    技術者です。これは全く根拠のない思い込みの記事です。まともに受け取らないようにしてください。

  • か~みっと

    デジタルデータがちゃんと記録出来ないストレージデバイス

    使い物にならんな

    筆者がどれだけ妄想の世界で生きてるかがよくわかる記事でした(笑)

  • 柴木熊則

    ストレージによる音の違いについて興味深く拝見させていただきました。
    ふと思ったのですが、RAM Diskでは音質についてはどうなるでしょうか?
    RAMの一部を使用してストレージとしておき、
    起動時などにコピーしてそこからPlaybackするという方法です。
    SATAなどでストレージに保存されたデータを扱う際には
    SATAで接続されたチップセット経由でRAMへ読み込み、
    CPUでDecodeされPlaybackされます。
    しかし最近のCPUではCPUにメモリコントローラーが内蔵しているため
    RAM Diskであれば直接CPUへ読み込むことが出来ます。
    曲数が膨大であったり、リニアPCMでファイルサイズが大きいと現実的ではないですが、
    ぜひ試して欲しいと思います。

  • juubee123

    PCパーツをオーディオコンポーネンツとして評価していく第一歩だと、興味深く拝見しています。

    CDはメディアだけでできていますが、HDDやSSDはメディアだけではなく、読み取り機構、電源部、なども一体となっています。なので、例えば、電源部が異なるだけでも、音が変わって当然だと思います。CDトランスポートと同じことです。
    技術系の方が俄かに信じられないのも無理はありませんが、私にもお気に入りのHDDがありますよ(寿命があるところが悩みのタネですが・・w)。

  • Gutsy Musik

    PCオーディオってオーディオ的アプローチ、PCからのアプローチが必要で、それらの知識と実戦経験がものを言う。だから大変。そんなことを筆者さん一人でどうこう説明するのは土台無理な話。どちらの知識経験についても中途半端感が否めないのは仕方ないことだと思います。

  • 釣本直紀

    小学生の頃、雑誌記事を参考に独自のおまじないを作っていたんだけど、
    この人は小学生の頃の俺と同じ事をしている。
    こんな記事が編集者の確認を通って掲載されてしまうとはpc-audio-fan.comは懐がガバガバに広い。

  • juubee123

    デジタル的に同じなら音も同じ派の方に

    その論法でいくと、CD再生とPCオーディオの音は同じことになりますが、それでいいですか?
    (ビット・エクザクトが前提ですがw)

  • kamimiimi

    まずPCの知識を手に入れたほうが良いかと…
    SSDから出る音とHDDから出る音が違うってどうかしてますよ。
    もし違うと言うならば、SSDから出力されるデータとHDDから出力されるデータが違うって事になりますよ?

  • juubee123

    デジタルデータが同じでも再生音が違うのはよくあることです。

    例えば、CD再生とPCオーディオの音の違いです。
    CD再生も(ビット・エクザクトに設定された)PCも、DACには同じデジタルデータを出力します。デジタル出力をPCでデジタル録音して比較すれば比較的簡単にわかります。

    例えば、対策されてないUSB-DACとアシンクロナスモードなどの対策がなされたUSB-DACです。例えば、再生ソフトの違いです。ビットエクザクトなら、同じデジタルデータが出力されます。このようにPCオーディオで工夫して音が違って聞こえても、デジタルデータは変わらないことが多いです。

    簡単に確認したければ、オーディオショップへ行って、以下を聴かせてもらって下さい。
    CDトランスポートの違い
    デジタルケーブルの違い
    ワードシンクの効果
    リクロックの効果
    など

    HDD毎の音の違い、HDDとSSDの音の違い、も、これらと同種の問題です。いままでそういう目で見てこなかっただけです。

  • lilith

    記事のテーマからは外れますが、個人的な経験で言えば、同一のWAVファイルを同一ハードウェア、同一ソフトウェア環境で再生した場合は、HDDよりもRAMドライブに置いて再生した方が音質の向上が感じられました。
    ちなみに再生ソフトはsamplitudeです。

Profile

御田照久(おんだてるひさ)

1950年生まれ。射手座A型。大阪生まれの大阪育ち。音楽と美味しいものをこよなく愛し、沖縄に惹かれるウチナーチュ見習い。面倒臭がりなので、得意料理はパスタ系が多い。高校時代からハンダごてを握り、リタイアして日々音楽三昧。介護のかたわらPCオーディオ邁進中。

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード