現在の場所
ホーム > 特集 > VECLOSの音と技術 > 今、体験したい“真空エンクロージャー”の凄さ~VECLOSの音と技術   ◎文・麻倉怜士
veclos_ban_l

今、体験したい“真空エンクロージャー”の凄さ~VECLOSの音と技術   ◎文・麻倉怜士 page 1/4

◎文・麻倉怜士

※写真はイメージです。

VECLOS SSA-40S(写真はイメージ。ステレオで使用する場合は、スピーカーL/Rを接続するケーブルが必要となります)

TAG-1-tech

今、オーディオ界やネットで注目されている小型スピーカーがある。それが“真空エンクロージャー”という、これまでにない技術が投入された小型スピーカー“VECLOS”だ。革命的ともいえるこの技術は、どのように誕生したのか。どのような音をもたらすのか。オーディオ&ビジュアル評論家、麻倉怜士が迫った。(編集部)

麻倉怜士氏

麻倉怜士氏

 わずか直径40mmのシングルユニットスピーカー、VECLOS SSA-40S。従来のスピーカーでは絶対に聴けないような、もの凄く透明度の高い音ではないか。左右二つのスピーカーから実に爽やかな、澄み切ったサウンドが発音されるではないか。それもスピード感が並外れて速い。重たくて、大きなユニットを強力な磁気回路で強制的に駆動させて音を出すというのとはまったく逆の、まるで息をふっと掛けたら、羽毛が飛び散るように、何のストレスもなくスーッと音が出る。自然発生的に清らかな音の粒が、空間に軽やかに拡散し広がっていく。この口径では雄大な低音再生こそ望めないが、一方でこれほどピュリティを感じさせる清涼な、濁りのない音になるのか。
 
 これはいったい何ものなのか。私はブックシェルフ、フロアスタンド、密閉型、パスレフ型、紙素材や金属素材、平面、同軸……と、さまざまな形や素材のスピーカーの音を聴いてきたが、この爽涼さは体験したことがない。
 ブランニューなのは音だけではない。実はこのスピーカーの生みの親は、お馴染みのスピーカーメーカーではないのだ。いやオーディオ業界とはまったく無縁だったメーカーなのである。魔法びんでは世界トップの日本メーカー、サーモス(ブランドもTHERMOS)なのである。魔法びんとスピーカーとはにわかに連想しがたいが、このVECLOS SSA-40Sは、まさにサーモスの製品である。

 

 

AD 1st

刊行物publish

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

2013年5月31日発売

定価:1,500円

・私の小型スピーカー論

・デスクトップシステム

Gaudio No.3 2013.SUMMER【5月30日発売】

詳細を見る

PCオーディオの世界へようこそ

Welcome to the PC AUDIO World! まずはPCオーディオをはじめてみよう WHY PC AUDIO

PCオーディオ基礎知識knowledge

ベーシックマニュアル オーディオ用語辞典

プレゼントpresent

iPhoneなどにもピタリのハイセンスなヘッドフォン「harman/kardon CL」レビュワー募集!

プレゼント詳細

応募は締め切りました

AD 3rd
PAGE TOP

Gaudio+PCオーディオで人気のキーワード